九州北部など大雨警戒=梅雨前線停滞、長期化―気象庁

 梅雨前線が西・東日本の太平洋側から北上し、9日午後は九州北部や近畿南部、東海で激しい雨が降った。気象庁は10日にかけて土砂災害や河川の氾濫、低地の浸水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

 梅雨前線は10日には日本海から東北地方に延び、前線上に発生する低気圧が西から東へ進む見込み。九州や四国、東海を中心に局地的な大雨や突風、落雷が予想される。大雨は11日以降も続く恐れがあり、被災地では長期化への備えが必要。

 長崎県諫早市では9日午後1時5分すぎまでの1時間に66.0ミリの非常に激しい雨が降った。同県のほか、福岡、佐賀、熊本、静岡、長野各県の一部に土砂災害警戒情報が出された。

 10日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州北部300ミリ、四国200ミリ、九州南部150ミリ、東海130ミリ、関東甲信120ミリ、中国と近畿、北陸100ミリ。

 11日午後6時までの48時間予想雨量は多い所で、九州北部と四国300〜400ミリ、九州南部と東海200〜300ミリ、中国と近畿、北陸、関東甲信150〜250ミリ。 【時事通信社】