孫の高2女子を刺殺=容疑で同居の祖父逮捕―福井県警

孫の高2女子を刺殺=容疑で同居の祖父逮捕―福井県警

高校2年の冨沢友美さんの遺体が見つかった住宅周辺を調べる捜査員=11日午前、福井市(一部画像を処理しています)

 自宅で孫娘を刺殺したとして、福井県警は10日、殺人容疑で福井市黒丸城町の無職冨沢進容疑者(86)を逮捕した。動機や殺害の経緯を詳しく調べている。同容疑者の認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は9日夜、孫で高校2年の冨沢友美さん(16)の上半身を、鋭利な刃物で数カ所刺して殺害した疑い。

 県警によると、友美さんは最近、冨沢容疑者宅で2人暮らしを始めた。同容疑者は事件後、市内の別の場所に住む友美さんの父親に連絡。駆け付けた父親が倒れている友美さんを発見し、10日午前0時10分ごろ110番した。友美さんは搬送先の病院で死亡が確認された。 【時事通信社】