沖縄タイムス社員が不正受給=持続化給付金100万円、社長が謝罪

沖縄タイムス社員が不正受給=持続化給付金100万円、社長が謝罪

不正受給で沖タイ社長が謝罪

沖縄タイムス社員が不正受給=持続化給付金100万円、社長が謝罪

社員による国の持続化給付金不正受給問題で謝罪する沖縄タイムスの武富和彦社長(左)=13日午後、那覇市

 沖縄タイムス社(那覇市)は13日までに、40代男性社員が関連会社に出向中、新型コロナウイルスの影響で収入が減った個人事業者らを支援する国の持続化給付金100万円を不正受給していたと発表した。

 武富和彦社長は13日、那覇市で記者会見し、「法律に反するだけでなく、人や社会を欺くあるまじき反社会的行為で決して許されない。心よりおわび申し上げる」と謝罪した。

 同社によると、男性社員は本社総務局付課長。関連会社の印刷会社に出向していた5月、知人から指南を受け、職業を偽り、持続化給付金を申請し、100万円を受け取った。また、国の緊急小口資金や総合支援資金計80万円の借り入れも行った。不正受給した金は住宅ローンなど借金の返済に充てたという。

 男性社員は3人の同僚を含む15人前後にこの知人を紹介。同じ出向先に所属する30代男性社員も職業を偽って申請し、緊急小口資金20万円の借り入れを受けた。他にもタイムス本社社員2人がこの知人らの事務所で不正受給の方法について説明を受けたが、申請しなかったという。 【時事通信社】