遺族が西武鉄道など提訴=としまえん女児死亡事故―東京地裁

 東京都練馬区の遊園地「としまえん」の屋外プールで昨年8月、埼玉県朝霞市の小学3年、森本優佳さん=当時(8)=が死亡した事故で、遺族が運営会社の豊島園や親会社の西武鉄道などを相手取り、計約7500万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴していたことが14日、分かった。

 訴状によると、森本さんは昨年8月15日、プール内に浮かべた遊具の下で溺れているのが見つかり、病院に搬送されたが死亡した。

 遺族側は、豊島園などは利用者が遊具の下に潜るのを防止する義務を負っていたのに、対策を取っていなかったと主張。プールの監視員も不足していたほか、事故当時、遺族らが水中の捜索を求めても直ちに行わなかったと訴えている。

 西武鉄道などは請求棄却を求めている。14日開かれた第1回口頭弁論後、西武鉄道は「ご遺族にお悔やみ申し上げる。主張は訴訟手続きの中で明らかにしていく」とコメントした。

 としまえんは8月末に閉園した。 【時事通信社】