フジテレビ「とくダネ!」に問題なし=BPO

 放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会(奥武則委員長)は14日、フジテレビの情報番組「とくダネ!」について「人権侵害や放送倫理上の問題があったと判断できない」とする見解を発表した。

 番組は昨年8月、東京都内の公園に「大縄跳び禁止」の看板が立てられた話題で、周辺住民をインタビュー。このうち女性1人が「撮影許可を明示的に求められないまま誘導尋問され、発言を捏造(ねつぞう)された」と申し立てていた。 【時事通信社】