関東甲信山沿いなど大雪注意=東京都心で初雪―気象庁

東京23区は積雪なしの見込み

 気象庁は12日午前、関東甲信の山沿いや三重県では夕方にかけて大に注意するよう呼び掛けた。交通の乱れや雪崩が生じる恐れがある。東京23区は雪が降っても積もらない見込み。

 東京都心では午前11時50分ごろ、初雪を観測した。平年より9日、昨冬より8日遅かった。

 関東の東海上にある低気圧が北東へ進んだほか、四国沖にある別の低気圧が12日午後に伊豆諸島付近を通過すると予想される。湿った空気が上空の寒気で冷やされ、広い範囲で雨や雪が降るという。

 13日午前6時までの24時間予想降雪量は多い所で、岐阜県山地20センチ、甲信15センチ、関東北部山沿い10センチ、関東北部平野部7センチ、関東南部と三重県、静岡・愛知各県山地、岐阜県平地5センチ、静岡・愛知各県平地3センチ。 【時事通信社】