営業秘密、複数持ち出しか=逮捕のソフトバンク元社員―5G情報不正流出・警視庁

 携帯電話大手ソフトバンクが持つ次世代通信規格「5G」の技術情報などが社外に不正流出した事件で、不正競争防止法違反容疑で逮捕された元社員合場邦章容疑者(45)が、逮捕容疑となった2019年12月末以外にも、複数回にわたり同社の営業秘密情報を持ち出していたとみられることが12日、警視庁への取材で分かった。

 合場容疑者は現在、競合他社の楽天モバイルに勤務している。20年1月に転職しており、同庁は不正に得た情報をどのように使っていたのか、詳しく調べる。

 合場容疑者は、ソフトバンク社員だった19年12月31日に同社サーバーにアクセス。5G情報などが入った営業秘密に当たるファイルをメールで自分自身に送信したとして逮捕された。

 同庁によると、合場容疑者は同年11〜12月ごろにも、複数の情報ファイルを何らかの方法で社外に持ち出していたとみられている。 【時事通信社】