元警部補に有罪=速度違反の証拠偽造―札幌地裁

 北海道警の交通機動隊員による速度違反取り締まりの証拠偽造事件で、証拠隠滅などの罪に問われた元警部補吉本潤被告(58)=懲戒免職=の判決が13日、札幌地裁であった。中川正隆裁判長は「警察官の職務の重要性に対する意識があまりに低い」と述べ、懲役2年6月、執行猶予5年(求刑2年6月)を言い渡した。

 被告は起訴内容を認めていた。判決で中川裁判長は、証拠価値の高い速度測定結果の偽造について、「刑事司法の前提をないがしろにする悪質なもの」と非難。一方、取り締まり対象者の損害が回復されつつあるなどとして執行猶予を付けた。 【時事通信社】