自民区議の研修費支出違法=荒川区長に請求命令―東京地裁

 東京都荒川区の自民党区議団が新潟県湯沢町のホテルで行った研修会に政務活動費が充てられたのは違法などとして、住民が西川太一郎区長に対し、同区議団へ計約175万円を請求するよう求めた訴訟の判決が13日、東京地裁であった。市原義孝裁判長は訴えの一部を認め、西川区長に約32万円を請求するよう命じた。

 判決によると、区議団は2018年7月、湯沢町にあるホテルで研修会を開催。区議13人と区の幹部職員42人が参加した。区議団は交通費と宿泊費、会場費の計約39万円を政務活動費から支出。職員は交通費や宿泊費を私費で負担した。 【時事通信社】