はちみつの摂取による「乳児ボツリヌス症」で男児死亡 日本での死亡例は今回初めて

記事まとめ

  • 3月末、都内に住む生後6カ月の男児がはちみつ摂取による「乳児ボツリヌス症」で死亡
  • ボツリヌス菌は土中にもいる菌ですが、実ははちみつはこの環境に近い、と小児科専門医
  • 乳児ボツリヌス症が問題になったのは1980年代のため、祖父母の世代は知らない層も多い

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております