胃・大腸がん検診4割見落としの青森県 がん死亡率全国トップは検診の質が原因か

記事まとめ

  • がん死亡率が12年連続トップの青森県で、大腸・胃がんの4割が見落とされていた可能性
  • 便潜血検査で大腸がん42.9%、バリウムによるX線検査で胃がん40%の見落としが判明
  • がん検診では20%程度の見落としは許容範囲で、医師の"当たり外れ"を見分ける必要性も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております