新規ホテル進出ラッシュの銀座 五輪特需後はラブホ乱立か!?

【東京オリンピック】銀座へのホテル進出ラッシュ続き、五輪特需後のラブホ乱立を懸念

記事まとめ

  • 東京オリンピック・パラリンピック特需を見込み銀座へホテル進出ラッシュが続いている
  • HISグループが展開中のロボットが接客する『変なホテル』も、今年2月に営業を開始
  • 「最後はラブホテルに衣替え、なんてことだけは勘弁してもらいたいね」と懸念する声も

新規ホテル進出ラッシュの銀座 五輪特需後はラブホ乱立か!?

新規ホテル進出ラッシュの銀座 五輪特需後はラブホ乱立か!?

(提供:週刊実話)

2020年の東京オリンピック・パラリンピックの特需を見込んで、東京・銀座へのホテル進出ラッシュが続いている。

 昨年10月、銀座8丁目の旧日航ホテル跡地に、三井不動産が『ホテル ザ セレスティン銀座』をオープン。今年1月には、高級ブランド店が軒を連ねる並木通りに『ハイアット セントリック 銀座 東京』がお目見えした。

「この場所は、朝日新聞が東京で創刊した年に社屋を構えた“東京での創業地”です。昨年、建て替えで完成した地上12階建ての『東京銀座朝日ビルディング』の3階から上のフロアすべてを賃貸しているオリックス不動産が、ハイアットホテルの関連会社に運営を委託。1階と2階には国内最大級のロレックス・ショップやルイ・ヴィトンなどが出店しており、海外からの観光客のニーズにドンピシャです」(不動産関係者)

 ライバルの米マリオットホテルは、'20年春に森トラストと組んだ『東京エディション銀座』(銀座2丁目)、同年夏にも東武鉄道と組んで『ACホテル・バイ・マリオット東京銀座』(銀座6丁目)を相次いでオープンさせる予定だ。

「変わり種もあります。大手旅行会社HISグループが展開中のロボットが接客する『変なホテル』も、今年2月に銀座の徒歩圏内で営業を開始。来年4月には、あの『無印良品』が運営する『MUJI HOTEL GINZA』が日本初上陸します。中国で絶大な人気を誇る同社は、すでに北京と深圳でホテルをオープンさせていて、満を持しての母国展開です」(同)

 '17年の訪日外国人客は前年比19・3%増の2869万人で、政府は'20年に年間4000万人の目標を掲げている。五輪期間中は、国内旅行者を含めて1000万人以上が東京に押し寄せるとみられており、ホテルの需要があるのは確かだ。

 しかし、銀座周辺には『帝国ホテル』を筆頭に既存のホテルも20軒以上あり、「すでに五輪期間中の東京のホテル不足は解消されている」とのシンクタンクの報告もある。

「外資や大手は問題ないでしょうが、新規参入組などは五輪後の急激な需要減で、閑古鳥が鳴くのは目に見えてるよ。最後はラブホテルに衣替え、なんてことだけは勘弁してもらいたいね」(銀座のクラブオーナー)

 それはそれでホステスを口説く紳士の需要がありそうだが…。

関連記事(外部サイト)