【座間9遺体事件】大久保清事件と多くの類似点があり、戦後最悪の凶悪事件となる恐れ

記事まとめ

  • 座間市で9人の遺体が見つかった事件、大久保清事件と多くの類似点があるという
  • 大久保清事件とは、1973年に約2カ月間で8人の若い女性を殺害し死刑となった連続殺人
  • 警察庁関係者は「大久保清事件以来の、戦後最悪の凶悪事件になるのでは」と話している

座間9遺体事件 現代社会が生み出した殺人鬼「平成の大久保清」(1)

 「これは、あの大久保清事件以来の、戦後最悪の凶悪事件になるのではないか」(警察庁関係者)
 1973年、約2カ月間で8人の若い女性を手にかけ、レイプ後に相次ぎ殺害した大久保清元死刑囚(当時36歳・'76年死刑執行)が逮捕された連続殺人。10月31日に逮捕された白石隆浩容疑者(27)の猟奇ぶりも、確かに現代版の大久保清事件と言えるほど類似点が多い。

 事件が発覚したのは、10月24日。精神保健福祉士などの支援を受けて生活するグループホーム(東京都八王子市)に住む23歳の妹の行方が分からなくなったと、兄が警察に捜索願を出したことに始まる。
 「一方、この妹がツイッター上で自殺願望を書き込んでいたことから、兄が妹のアカウントを使って情報提供を訴えたところ、ある女性が名乗り出たのです。女性は“妹さんがやり取りをしていた人物と同じハンドルネームを持つ人物を知っている”として、この人物をおびき出す囮捜査を引き受けた。10月30日午後、待ち合わせ場所にした小田急線相武台前駅に男が現れ、捜査員が尾行。駅から徒歩8分程度の場所にあるアパートの部屋へ2人が入った直後に踏み込んだのです」(捜査関係者)

 神奈川県座間市内のこのアパートは、築30年の木造2階建て。白石容疑者の住む部屋は2階の13.5平米1Kで、2畳ほどのロフトがあり、家賃は管理費込みで月2万2000円だ。
 「捜査員は部屋に入ってすぐ、居間にあったグレーのバッグが目についたという。それは、まさに行方不明の妹のもので、捜査員が妹について問うと、白石容疑者はおもむろに玄関にあったクーラーボックスを指差した。開けると中に、砂を被せられた2人の頭部が入っていたのです」(同)
 白石容疑者の死体遺棄での逮捕直後に行われた家宅捜索では、クーラーボックス3個、RVボックス(工具などを入れる収納ボックス)5個が発見され、中からは発見された妹を含め9人分の遺体の一部である手と足部分を中心に約240本の人骨が見つかったという。

 事件解決のカギとなったツイッターで、白石容疑者は『死にたい』『首吊り士』など複数のアカウントを使い分け、自殺願望のある若い女性を誘っていた。
 「その内容は、《首吊りは苦しくない。15秒ほどで意識が吹っ飛びます》《はっきり言って(死ぬのは)苦しいです。でもロフトに縄をかけ、睡眠薬を飲んで、首を吊れば楽です》などと言葉巧みに安心感を引き出す一方、あくまで白石容疑者の部屋での“首吊り”に誘い込むことにこだわっていたのです」(全国紙社会部記者)

 白石容疑者は座間市内に生まれ、小中高校時代をすごしている。実家は事件現場となったアパートからわずか2.5キロほど離れた戸建てで、両親、妹の4人家族で育った。
 中学校時代の同級生の話。
 「クラスでは目立ちませんでしたが、優しい感じの子でした。一度、何人かで当時流行っていた首を絞め合ってどこまで我慢できるかを競う“失神ゲーム”をやったことがあるんですが、彼だけ本当に失神してしまったことを覚えています。そんなバカ真面目なところもある子でしたよ」

 高校入学後も雰囲気は変わることなく、穏やかな性格だったようだが、変化が見られ始めたのは3年生の頃だったという。
 「急に『自殺未遂をしたんだ』と告白してきたことがあったんです。確かに、この頃の彼の家では、妹さんが東京都内の学校に進学すると同時に、母親も一緒に家を出て行き、別居状態になったと聞いている。そんなことから、ずいぶんと暗い表情をすることが多くなったように思います」(同)

関連記事(外部サイト)