「しょぼい」とウワサの『PayPay』第2弾キャンペーンが「そうでもない」理由

PayPayの新キャンペーン『第2弾100億円キャンペーン』が2月12日に開始され、話題になっている。期間は5月31日までで、100億円の原資がなくなり次第キャンペーンは終了となる。

 PayPayと言えば、昨年12月4日から13日まで実施した『100億円あげちゃうキャンペーン』が大ヒット。決済額の20%をPayPay残高に還元する他、10〜40回に1回の確率で全額(最大10万円相当)が還元されるという特典もあり、ネット上では《テレビ買ったら無料になっちゃった》《ここぞとばかりに大物家電買ってます》など、お祭り状態になったことは記憶に新しい。

 今回のキャンペーンが前回と大きく違うのは、付与上限が変更になったこと。20%還元と抽選の100%還元とも付与額の上限は1回あたり1000円。期間中で累計額の制限もあり、20%還元について5万円まで、100%還元は2万円となっている。
「1日1000円という上限設定なので、前回のお祭り騒ぎから比べると随分しょぼいなと感じた人も多いようですね。しかし、コンビニやドラッグストアなどで日常的に買い物をしている人には、かなりお得だと思いますよ。例えば、1000円のランチが無料になったり、タクシーに乗ったら20%分が付与されるなど、日常での使い勝手が良い分、お得感も広がると思います」(IT系ジャーナリスト)

 前回のキャンペーンは、あまりにも多くの人が殺到し、フタを開けてみれば100億円の原資はたったの10日間で終わってしまった。今回は上限が低い分、短期間で終了することはなさそうだ。

 「実はこのキャンペーンの影響で、ファミリーマートやミニストップの客が増えているんです。特に日常的に弁当やドリンクを買っている人は、全額無料になるチャンスも大きく、わざわざ他のコンビニで買うのをやめて、乗り換える人もいますね」(同・ジャーナリスト)

 ネット上では《キャンペーンが終わるまで、毎日ファミマで買うよ》《ファミマで朝ごはん買ったら全額帰ってきた。ラッキー!》など、早くも特典の恩恵を受けた人からの喜びの声が広がっている。

 また、PayPayのキャンペーンに対抗して、LINE Payも12日からファミリーマート限定で、20%還元キャンペーンを開始している。こちらは、コード支払いすることで、後日利用金額の20%を還元するというもの。

 しばらくはコンビニに行くならファミリーマートという人が増えるかもしれない。

関連記事(外部サイト)