1億8000万円脱税逮捕! ゲス成金「青汁王子」のカネと女

1億8000万円脱税逮捕! ゲス成金「青汁王子」のカネと女

(提供:週刊実話)

やり手のイケメン実業家としてテレビやインターネットの番組などで、高級マンションやスポーツカーを見せびらかしていた三崎優太容疑者(29)が脱税の容疑で逮捕された。

 東京・渋谷区で健康食品会社「メディアハーツ」を経営し、高齢者向けのイメージが強かった青汁を若い女性向けにアレンジした商品『すっきりフルーツ青汁』が大ヒット。巨万の富を築いた彼は、その整ったルックスから“青汁王子”と呼ばれ、メディアに引っ張りだこだった。

 「知人の会社を使って架空の広告費を計上し、利益を圧縮する典型的な手口。脱税額は判明しているだけで1億8000万円。当初、三崎は否認していましたが、共謀者も2人逮捕されており、『税金を払いたくなかった』と容疑を認めています」(全国紙記者)

 そもそも今回の事件は、およそ1年にわたって国税と東京地検がタッグを組んで捜査に当たっており、逃げ切れる状況ではなかった。

 「それなのに、三崎は逮捕前から、国税の調査を“出る杭は打たれるの一環”だとか、“優秀な高所得者が海外へ流出する”などと批判。国税当局を本気にさせたんです」(同)

 北海道出身で引きこもりだった三崎容疑者が、初めて起業したのは18歳の頃だという。アフィリエイト(成果報酬型のネット広告)事業で成功への足がかりを得ると、矢継ぎ早に事業を拡大していった。

 「ネットを使ってどのようにアプローチしたら、若い女性が商品を買うか。その術に三崎さんは長けていました。とはいえ、手法はかなり際どいもの。初月だけ安くして、一度契約したが最後、解約できずに翌月から高く買わされる。あの会社は、青汁以外にもバストアップを促す商品なども販売していますが、同様のスキームで荒稼ぎしていますよ」(容疑者の知人)

 こうして積み上げた年商は122億円。容疑者本人の年収も10億円を超えていたとされる。

 「車はフェラーリやベントレー、靴はルブタン。腕に巻く時計は800万円のハリー・ウィストン、アクセサリーはブシュロンなど、キラキラしたアイテムを身につけるのが彼の趣味でした。渋谷にあるオフィスも内装にこだわっており、バーカウンターや自分が体を鍛えるためのランニングマシンまで置いていました」(同)

 甘いマスクと鍛え上げた体を高価な服飾品で飾り、マスコミにも派手に露出していた三崎容疑者。当然、女性関係も派手だった。

 「三崎さんは夜の街では有名な存在でした。“主戦場”は西麻布や恵比寿のラウンジ。流行りの『ギャラ飲みアプリ』で“港区女子”と呼ばれる若い女性を酒席に誘い出し、ドンチャン騒ぎもしていましたね。お酒の席での三崎さんは押し出しが強く、女のコ相手に自慢話をしたり、オラつくイメージ。王子キャラとはほど遠く、自分の会社の商品を知らないコがいると、キレて不機嫌になったりしてました。金も持ってるし、あのルックスなのでモテまくりでしたが、その分、女性関係のトラブルも絶えなかった」(飲食店関係者)

 この証言を裏付けるかのような“疑惑の動画”も拡散されている。

 ツイッターに動画をアップしたのは、三崎容疑者と同じマンションの同じ階に住んでいるという投資家。確かに、映像が撮られたのは三崎容疑者が住んでいるとされる港区内の高級レジデンスの内廊下で、ドア越しに男女の激しいやりとりが音声で収められている。

 錯乱しているのか、号泣しながら意味不明な言葉を繰り返す女性の悲鳴が廊下にまで響き渡る。そんな女性に罵詈雑言を浴びせるのが、三崎容疑者と思われる男性の声だ。
「ふっざけんな、お前!」
「早く帰れよテメエ、こっちは時間ねぇんだよ!(ボコッと何かを蹴る音)間に合わねぇだろうがよ!」

 この動画が撮られたのは午前3時だという。投稿者は、こんなコメントを添えていた。
〈テレビつけたらどの局も青汁王子の話題ばかり‥実は同じ階に住んでるんだけど、いろんな女をとっかえひっかえしてたな。しかも毎日のように、DVしてるような叫び声が深夜にこちらの部屋の中まで響いてくる始末。。。やっぱりなという印象しかないです〉

 前出の知人に動画を確認してもらうと、「これは本人かもしれませんね…」とした上で、こう続けた。
「国税が来るようになってから、実はもう1年近く経っているんですが、最初はタカをくくっていた三崎さんも、どんどん精神的に追い詰められていった。消費者団体に裁判を起こされたり、自社製品のネット広告が打てなくなったりと、本業でも結構追い込まれていたんです。ストレスのはけ口を、買い物と女に求めていたようで、あまりいい遊び方をしていないと聞いていました」

 さらに、三崎容疑者の周辺には反社会的勢力の影もチラついていたというのだ。
「青汁王子として売れ始めた頃から、どんどんガラが悪くなっていった。周りには反社や、いかがわしい情報商材を売って荒稼ぎしているような人間も多く、女性への暴行や、中には薬物疑惑が囁かれている人間までいましたから。実は、今回の逮捕が脱税と聞いて、『そっち?』と安堵した取り巻きも多かった」(同)

 三崎容疑者のスマホが押収されたことで、戦々恐々としている周辺者もいるという。自業自得だ。

関連記事(外部サイト)