『少年革命家 ゆたぽん』の父親が逮捕される可能性に弁護士が言及

『少年革命家 ゆたぽん』の父親が逮捕される可能性に弁護士が言及

(提供:週刊実話)

去る5月5日、『琉球新聞Web』にて報じられ話題となった10歳のユーチューバー「少年革命家 ゆたぼん」に対する賛否の意見が、いまだに止まらない。ゆたぽんは「俺が自由な世界をつくる」と、自由を求めて学校に通わない選択をした少年で「ハイサイまいど!」で始まる楽しい動画を提供しつつ、イジメや不登校に悩む子や親に「不登校は不幸じゃない」と強いメッセージを発信している。

 不登校を選択した理由は、小学校3年のときに宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いたことがきっかけだという。そして担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意し、「学校は行きたいときに行く」というスタイルを貫いている。

 この少年の行動について、さまざまな著名人、あるいは一般の人たちがネット上で応援したり意見を述べたりしているが、その中で1つの動画が注目を集めている。それはユーチューバー弁護士の藤吉修崇氏が5月9日にTouTubeにアップしたもの。動画の中で藤吉氏は憲法や学校教育法について解説し、過去の逮捕例なども挙げ、《ゆたぼんの親も逮捕される可能性がある》《このままユーチューブを続けることに対しては、弁護士として非常に危機感を覚える》などと指摘。《親として法律に違反しているという自覚は持っていただきたい》と結んでいた。

 この前日には、精神科ユーチューバーのメンタルドクターSidow氏が、ツイッターに動画を上げて専門家の視点から不登校についてゆたぽんについて見解を述べた。その内容は「学校に行きたくても行けない子」と、ゆたぼんの「学校に行きたくないから行かない」は違うものであるとし、「不登校の代表の人のように、『不登校の子を救いたい』と言うのはやめてほしい」と語った。その上で「不登校は不幸じゃない」という意見に賛意を示しつつ、不登校の議論は本当は学校に行きたいけど行けない子の障壁をどうやって解決するか、大人や社会が考えてシステムを作る必要のある問題であり「行きたくないなら行かなければいい」というのは本質的な解決ではないという内容のツイートをした。

 ゆたぽんの父である心理カウンセラーの中村幸也氏は5月7日に自身のブログで、3年前に文部科学省は小、中、高、すべての学校へ向け、「不登校を問題行動と判断してはならない」 との見解を含む通知を出していることを根拠に「不登校は問題行動ではありません」と反論している。

 この話題、国会でいかにも野党議員が取り上げそうなネタではあるが、実際、文科省の“公式見解”をぜひ聞いてみたいものだ。

関連記事(外部サイト)