市販の咳止め薬を“麻薬ドリンク”として売る輩も 一部の咳止め薬に麻薬の成分含有

記事まとめ

  • 市販の風邪用の咳止め薬を、危険ドラッグとして乱用する中毒患者が急増しているという
  • 市販の咳止め薬の一部には覚せい剤の原料が含まれており、飲み過ぎると覚醒作用がある
  • 瓶ごと飲めば危険なドラッグになってしまうといい“麻薬ドリンク”として売る密売人も

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております