中国が誇る空母『遼寧』いよいよ外洋に…“最強”米海軍と一戦交える実力は?

中国が誇る空母『遼寧』いよいよ外洋に…“最強”米海軍と一戦交える実力は?

(提供:週刊実話)

今年6月、中国の空母『遼寧』を中心とする水上戦闘グループが編成され、沖縄と宮古島間を通過し太平洋に出た。その後、グアム島付近、南シナ海で行動後、台湾海峡を経由し帰投した。

 「今回、初めて太平洋において1週間程度活動したわけですが、グループの内訳は、ルージョウ級駆逐艦1隻、ルーヤンⅢ級駆逐艦1隻、ジャンカイⅡ級フリゲート艦2隻およびフユ級高速戦闘支援艦の6隻から成り立っています。『遼寧』は、ウクライナ(旧艦名:ワリヤーグ)から購入した当初、本来、海上ホテルにするつもりだったので、機関系統の配管が取り外されているばかりか、設計図もない状態で、空母として再建することは無理と考えられていました。ところが中国は約10年の年月を費やし、2012年9月に現名で就役させたのです。当初20ノット程度の速力しか出せないと見られていたのですが、今では30ノットの速力は出せるようです。ただし結論を言えば『遼寧』は太平洋で米海軍と戦える代物ではありません」(軍事アナリスト)

 遼寧グループが、沖縄と宮古島間を通過した際、解放軍報は「空母は、外洋で活動する戦闘艦艇であり、中国近海に常時所在させることは困難である」との記事を掲載した。要するに日本などに対して、「空母が外洋に展開するのは当然であり、周辺諸国は大騒ぎするな」といつもの高飛車な物言いだ。

 こんなポンコツをそれなりの空母に仕立て、中国国家を陸軍国から海洋国に押し上げた功労者は、海軍艦艇の建造を担う大手国有企業『中国船舶重工集団』の孫波前社長兼党組副書記だ。

 「同氏が収賄罪と国有企業職員の職権乱用の容疑で逮捕されたのは今年1月のことでした。で、7月4日、上海法院は、空母建造に関して多額の賄賂を受け取ったばかりか、機密を米国の情報筋に漏洩したとして懲役12年、罰金80万元(円換算1280万円)を言い渡したのです。スパイ行為は中国では死刑が常識ですから、情報筋の間では判決は死刑と予測されていたため、『あまりにも軽いのはなぜ?』と衝撃が走りました」(中国ウオッチャー)

「遼寧」もいつまで現役でいられることやら。

関連記事(外部サイト)