山口組 田岡一雄三代目命日法要

山口組 田岡一雄三代目命日法要

(提供:週刊実話)

晴天に恵まれた7月23日、六代目山口組総本部は早朝から慌ただしい雰囲気に包まれていた。この日は「山口組中興の祖」である田岡一雄三代目の祥月命日で、法要が執り行われるためだった。駐車場の一画に設けられた歴代組長の慰霊碑を中心とした組碑には、花などが供えられ、篠原重則慶弔委員長兼事務局長(二代目若林組組長=香川)らが準備に汗を流していたのだ。

 午前11時半ごろ、総本部から直系組長らが続々と姿を現した。橋本弘文統括委員長(極心連合会会長=東大阪)ら最高幹部と直参が、テント前に整列して出迎える中、高級ミニバンから司忍六代目が降り立った。

 法要が始まると司六代目は組碑に歩を進め、歴代組長の慰霊碑を水で清めて焼香。隣の物故者の慰霊碑にも、静かに手を合わせた。その後、直系組長らも故人の冥福を祈ったのである。

「山口組分裂から、四度目の祥月命日を迎えた。司六代目は田岡三代目に思いを馳せながら、分裂劇の終幕を誓ったことだろう」(山口組ウオッチャー)

 司六代目の眼光の鋭さが、再統合への自信を物語っているかのようだった。

関連記事(外部サイト)