貴乃花の怨念 貴ノ富士「引退勧告」と阿武松親方「退職」の真相

貴乃花の怨念 貴ノ富士「引退勧告」と阿武松親方「退職」の真相

(提供:週刊実話)

関脇御嶽海(26)の優勝で大混戦の秋場所が幕を閉じたばかりの大相撲界で、“新たな闘い”がすでに始まっている。付け人を相手に2度目の暴力事件を起こし、自主引退を促された旧貴乃花部屋の十両、貴ノ富士(22=千賀ノ浦部屋)が不服を訴え、法的手段に出る構えを見せているのだ。その一方、つい1年前まで元貴乃花親方の右腕だった阿武松審判部長(58、元関脇益荒雄)が電撃的に退職。“貴乃花の怨念”はいまだに大相撲界を揺るがし続けている――。

 どうしてこんなに「旧貴乃花部屋勢」ばかりがトラブルを引き起こすのか。去年の春場所の最中、支度部屋で付け人にグーパンチを浴びせ、十両から幕下落ちした貴ノ富士がまたまた付け人の頭をゲンコツで殴る事件を引き起こしたのは、秋場所前の8月31日のことだった。

 「懲りない人間、というのはこういうヤツのことでしょう。去年の春の時も、力士たちの見ている前でやったというので悪質性が問われ、本来ならクビになるところを当時の師匠の元貴乃花親方が内閣府に提出していた告発状を取り下げるなど、平身低頭して詫び、なんとか1場所の出場停止で助けてもらったのに、また同じことをするなんて。バカとしか言いようがない。厳罰は当然。芝田山理事(元横綱大乃国)は、『まだ22歳と若いし、これは温情だ』と話し、26日の理事会で自主引退を促したことを明らかにしましたが、これまで相撲協会が積み重ねてきた暴力追放の研修会などの努力をフイにしたわけです。懲罰解雇されてもおかしくないところでした」(協会関係者)

 ところが、ここから貴ノ富士の大迷走が始まる。協会の決定に従うように説得する師匠の千賀ノ浦親方(元小結隆三杉)の手を振り払い、スポーツ庁に適切な処分を求める上申書を提出。さらに同27日には文部科学省内で弁護士2人を同伴して異例の記者会見を開き、引退指令を拒否したのだ。

 「記者会見では『もう一度、土俵に戻って相撲道に精進したい』の一点張り。殴ったのがゲンコツならいいと思ったとか、手を出さないでいい方法を教えてもらっていなかったとか、『協会の(暴力阻止の)コンプライアンスが十分に伝わっていない』などと言っていることが噴飯もので、これじゃあ、とても言い分を通すのは無理だなと思いました」(担当記者)

 元貴乃花親方の突然の退職にともなって、旧貴乃花部屋勢の8力士が千賀ノ浦部屋に合流したのはちょうど1年前の10月だった。この中から4人も関取が誕生しているのは称賛されるべきだが、今回、やはり行きすぎた指導でけん責処分を受けた双子の弟、貴源治を含めると、そのうちの3人(貴ノ岩は去年12月に退職)がトラブルを起こしたことになる。

 この原因は何か――。

 旧貴乃花部屋を知る関係者は次のように明かす。
「貴乃花は、相撲道をひたすら追究した横綱でした。だから、弟子たちにも同じ生き方を求めましたが、それだけでは立派な力士にはなれません。名人、達人と言われた栃錦や初代若乃花がそうだったように、周りには逆に優しくしないといけない。ところが、貴乃花の弟子たちは勘違いしたのか、周りにも厳しく当たるのでトラブルになるんです。仏作って魂入れず。元貴乃花親方の指導不足でしたね」

 そう言えば、弁護士を雇って記者会見を開くところなど、貴ノ富士の行動は元師匠とよく似ている。ただ、相撲協会は、貴ノ富士の主張に耳を貸す気配すら見せず、静観する構え。

 「あとは部屋の問題だ」
 と突き放しているのだ。こうなると、貴ノ富士サイドは法廷闘争に打って出るしかないが、たとえそこで勝っても土俵に立てるかどうか…。先の見えない闘いが待っている。

 この貴ノ富士の自主引退が議決された同じ理事会で、一通の退職願が提出され、すんなりと承認された。提出したのは、名古屋と秋場所を連続して休場していた阿武松審判部長だった。

 阿武松審判部長と言えば、平成22年に元貴乃花親方が二所ノ関一門を飛び出し、理事選に打って出た時からの“有力支持者”だった。去年2月の理事選で、協会首脳と対立する元貴乃花親方の代理として理事選に立候補。強引に立候補した元貴乃花親方が惨敗したのを尻目に初当選し、審判部長に抜擢されていた。

 ところが今年の夏場所、物言いがついた時の場内説明で、再三、東西や力士名を間違えるなどして問題になり、その責任を取るかたちで休場していた。

 「場所後、入院して精密検査を受けたら、血圧や血糖値が異常な数値を示したそうで、『頭がボーッとして自分でも何を話しているのか分からなかった』と言っていました」(部屋関係者)

 すでに体調も回復しており、責任を取って辞めなければいけないような問題ではないはずだ。それなのに、どうして阿武松親方は退職したのか。

 「理由は2つあります。1つは、以前から60歳になる前に退職することを決めていたということ。2つ目は、貴乃花親方があんな辞め方をしたのは自分にも責任があると、自責の念にかられていたことです。親方夫妻には子供もいません。今週中には部屋を音羽山(元幕内大道)に譲り、郷里の福岡に引き上げるそうです」(協会関係者)

 いずれのトラブルも元貴乃花親方に関連している。テレビのバラエティー番組に出演して馬鹿笑いしている場合じゃないだろう。

関連記事(外部サイト)