韓国の“受験地獄”シーズンが今年もやって来た! 文大統領は改革に乗り出すと言うが…

韓国の“受験地獄”シーズンが今年もやって来た! 文大統領は改革に乗り出すと言うが…

(提供:週刊実話)

韓国の凄まじい受験シーズンが今年もやってきた。11月14日には、日本のセンター試験にあたる「大学修学能力試験(修能=スヌン)」が全国一斉に行われた。

 「今年、大学入試を巡る親子の狂気に満ちた争いを描いたドラマ『SKYキャッスル』が、社会現象にもなりました。一方でスヌンを経ずに大学に籍を置いたため、学位の取り消し処分へと発展したアイドルの問題もありました。大学独自の試験がない韓国(一部の名門大ではある)では、スヌンは大学進学のための一発勝負ですから、ほとんどの受験生は人生を懸けてスヌンに臨みます。それだけに、毎年のように悲劇が起こります」(韓国在住日本人ジャーナリスト)

 日本でもおなじみの光景となったが、警察がパトカーや公務用車両で受験生を輸送したり、スヌン当日、朝ラッシュ時の混雑を防ぐために会社員の出社時間を延ばしたり、英語のリスニング問題が流れる際には、騒音防止のため飛行機の離着陸が一時中止されたりする。これらのテンヤワンヤは毎年の恒例行事だ。

 「会場内では受験票や身分証明書、黒ペン、鉛筆、シャープペンシル(芯は0.5ミリ限定)、消しゴム、修正テープ、アナログ式腕時計以外は持ち込み厳禁です。中でも不正頻度が高いシャーペン本体とマークシート用のペンは、スヌン用として特注されたものが支給されるほどです」(韓国ウオッチャー)

 過去の悲劇としては、試験の途中で会場を抜け出し、近所のアパートの屋上から飛び降りた受験生や、成績結果を悲観した自殺者も多く出ている。たった1日で将来が左右されるという「ヘル韓国」を象徴する悲劇だ。

 「こうした事態を回避するため文在寅政権は、スヌンの実施を年2回にするなどの入試改革を模索しています。警察内部から、受験生の輸送に警察を動員することが好ましくないとの声が多く上がっていることも、制度是正のきっかけになったようです」(同・ウオッチャー)

 韓国の受験地獄を生んだのは、日本が『ソウル帝大』を創設し、庶民に高等教育の門戸を開いたからともいわれている。“罪”なことをしたものだ。

関連記事(外部サイト)