『韓国の富豪50人ランキング』に新旧交代の兆し

「韓国の富豪50人ランキング」に新旧交代の兆し 『フォーブス・アジア版』が公開

記事まとめ

  • 『フォーブス・アジア版』が公開した「韓国の富豪50人ランキング」に新旧交代の兆し
  • サムスン電子の李健熙会長は前年から38億ドル喪失、SKハイニックス会長も40%減少
  • 韓国最大の化粧品会社アモーレパシフィックの徐慶培会長は資産が一昨年から半分以下に

『韓国の富豪50人ランキング』に新旧交代の兆し

『韓国の富豪50人ランキング』に新旧交代の兆し

(提供:週刊実話)

韓国経済は“サムスン1本足打法”といわれるだけでなく、その華麗なる一族にも注目が集まるが、何やら様変わりの兆しである。『フォーブス・アジア版』は昨年7月に「韓国の富豪50人ランキング」を公開したが、同社創業家の凋落が著しいのだ。

サムスン電子』の李健熙(イ・ゴンヒ)会長は前年から38億ドル、長男の李在鎔(イ・ジェヨン)副会長は18億ドルの資産を喪失した。一昨年から続く株価下落が直撃した格好だ。もう一方の雄である『SKハイニックス』の崔泰源(チェ・テウォン)会長の保有資産も40%減少し、28億ドルとなった。

「中でも最大の資産の下落に見舞われたのが、韓国最大の化粧品会社『アモーレパシフィック』の徐慶培(ソ・ キョンベ)会長でした。同氏の保有資産は一昨年から半分以下の35億ドルになり、4位から6位に転落したのです。業績悪化の主要因は、中国による韓国製品ノーのあおりを受けた同国内の売り上げ減少でした。一方、製薬大手『セルトリオン』の徐廷珍(ソ・ジョンジン)会長の資産も約3分の1に減少し、74億ドルまで下がりましたが、それでも韓国2位の富豪の地位を守っています」(韓国ウオッチャー)

 一方で、新進気鋭の経営者は躍動している。

「ゲーム業界では『NCSOFT』創業者の金沢辰(キム・テクジン)氏の保有資産が17億ドルに達し、昨年の24位から18位に躍進しています。主要因はモバイルゲームの『リネージュM』の大ヒットです。人気ゲームの『PUBG』を手掛けるゲームメーカー『B luehole』創業者のChang Byung-gyu氏も大きく資産を伸ばし、8億9000万ドルで47位に入っています」(同・ウオッチャー)

 B lueholeが新たに設立したゲームブランド『KRAFTON』は、中国のテンセントからの出資を受け、評価額は50億ドルとされたことが寄与した。韓国企業が生きるも死ぬも中国次第というところが、韓国の悲劇を象徴している。

関連記事(外部サイト)