北朝鮮 金正恩委員長が後継者に「実妹・金与正」指名情報

北朝鮮 金正恩委員長が後継者に「実妹・金与正」指名情報

(提供:週刊実話)

新型コロナウイルスによる感染症が蔓延したことで中国の国力が落ちつつあるが、北朝鮮においても朝鮮戦争以来の大激変が起こる可能性が出てきた。

 北朝鮮当局は「わが国に新型コロナウイルスは入ってきていない」と繰り返し豪語しているが、人民の間では「中国でさえ封じ込められないのに、わが国ができるわけがない」「餓死するのもウイルスで死ぬのも同じことだ」とあきらめムードが漂っているという。

「平壌では、中国に留学していて帰国後に高熱で死亡した20代の学生から新型コロナウイルスに感染した、との疑いがある18人が、結核治療専門の病院で隔離治療を受けたとの情報があります。その後、18人中4人が死亡、10人が退院、4人が引き続き治療を受けたとのことです。それ以外にも、コロナウイルスで感染死した例が数多く寄せられています」(北朝鮮ウオッチャー)

 平壌にはWHO(世界保健機関)の事務所はあるものの、職員は移動を制限され、北朝鮮側から一方的な情報しか与えられておらず、感染者がいるのか、いないのか正確に把握できていないと言われている。

「北朝鮮は、新型コロナウイルスの感染を診断するキットを開発し、各地域の医療現場に配布したと自慢しているが、その信頼性に疑問符が付くのは同国の医療レベルを見れば当然です。また、国内の情報筋によると、内部では高熱、喉の痛み、呼吸困難などの症状が現れた患者は、新型コロナウイルスの感染者とみなしカウントしているが、外部には一般の肺炎や結核であると説明しているとのことです。米国は、国際支援団体の北朝鮮入りを打診しましたが、北朝鮮側は診断キットの開発に成功したとの理由で支援を受けない方針です」(同)

 とはいえ、北朝鮮は国連制裁に加え、穀物生産高が1990年代の大飢饉以来、最悪となっていて、国連食糧農業機関は、国民の約1000万人(総人口の約40%)が深刻な飢餓状態だと分析している。

「軍でさえ栄養失調に悩まされている折りに、中国で発生した新型肺炎の侵入を防ごうと中朝国境を封鎖し、人と物を遮断しました。結果的に北朝鮮向けの物流が途絶え、食糧を含む支援がまったく得られていません。感染が拡大すれば、食糧不足で免疫力が低下した人民におびただしい犠牲者が出る恐れがあり、飢餓と新型肺炎で人民の不満を背景にレジームチェンジ(政権交代)を図る目的で、金正恩党委員長の暗殺を狙うグループが出てくるかもしれません」(国際ジャーナリスト)

 新型コロナウイルスによって暗殺の危険性が高まる中、さらに“金正恩急病説”までもが流れている。

 急病説が流れたのは1月末のことで、日米韓などの情報当局が確認に追われた。ほどなくこの情報に矛盾点や誤りがあることが分かり騒動は収束した反面、急病説に信憑性もある。

「北朝鮮は今年に入って、米国に対して『制裁緩和を待つ』とのメッセージを発しなくなりましたが、これは正恩氏の体調が悪化しているからなのではと噂されています。実際、数カ月前の正恩氏は、身長170センチ以下なのに暴飲暴食と運動不足によって、体重130キロという肥満体型でしたが、1月8日に自身の誕生日パーティーを平壌市内の『木蘭館』で幹部ら50人を招いて行った時には、あまりに痩せ衰えていたと言われています。何らかの病気ではないかと疑われていますし、家系的には心疾患の傾向があるため、ひょっとしたらこの前後に心臓手術を受けたのかもしれません」(前出・北朝鮮ウオッチャー)

 コロナウイルス蔓延による暗殺、急病説…北朝鮮では今、正恩氏が何らかの理由で急死する可能性が高まっているのだ。もし実際に急死した場合、実妹・金与正(党中央委員会宣伝扇動部第1副部長)が後継者になるのではないかといった観測まで流布されている。

 実際、2月20日、脱北者である安燦一世界北朝鮮研究センター理事長が、自身のYouTubeチャンネル『安燦一TV』で明かしたところでは、昨年10月と12月に正恩氏が白頭山を白馬に跨り登った際、随行した幹部に「私の後継者は金与正同志」と伝えているという。

「正恩氏には3人の子供がいると言われているが、まだ10歳に満たず、後を継ぐには早い。それゆえ、正恩氏が病死でもしたら実妹の与正氏が一時的に『女帝』になる選択肢が高いのです。ただ、問題は与正氏が後継者になった際に、サポートする強力な側近がいないことです」(同)

 昨年12月末に党中央委員会総会が行われた際、祖国平和統一委員会委員長として南北協議を担当してきた元軍人であり、韓国ではよく知られる李善権が新外相に就任した。李氏は核問題や米国との交渉に携わった経験がないため、外相任命は予想外だった。

「北朝鮮では正恩氏の政策失敗に対する不満がたまっていますから、優秀な人物は造反する可能性があると、金正恩氏は考えています。だから、無能ゆえに『裏切らない人物』を重用するしかなく、能力は低いがゴマすりに長けた李氏のような人物が任命されたのでしょう。なので、現在の正恩氏の周りには、与正氏がトップに立ったときにサポートできるような優秀な人材がいないのです」(韓国ウオッチャー)

 与正氏が女帝となれば、北朝鮮に大激変が起きるが、一筋縄ではいかなそうだ。

関連記事(外部サイト)