都知事再選後にひと波乱ありそうな小池百合子知事

都知事再選後にひと波乱ありそうな小池百合子知事

(提供:週刊実話)

東京都の小池百合子知事(67)が3日、都議会本会議の一般質問で答弁に立ったが、発売中のノンフィクション作品「女帝 小池百合子」(文芸春秋)でも暴露されている学歴詐称についての質問が飛ぶひと幕があった。

 小池氏といえばこれまでエジプト・カイロ大学を「4年で首席で卒業」と公言。これまで何度か学歴詐称疑惑が報じられたが、卒業証書を見せるなどして否定していた。

 しかし、同書ではカイロ在住当時、ルームメイトだった女性の証言をもとに構成。その女性に対し小池氏が、学歴詐称したことをあっけらかんと告白していたというのだ。

 質問を受けた小池氏は、「コロナ対策など、都政にまい進している。内容の1つ1つを確認しているわけではない」と強調。法的措置を取る考えについては「必要であれば弁護士と相談する」と述べ、「そもそも、その読み物を読んでいないのでお答えできない」とけむに巻いた。

「当時、エジプトでは偽の卒業証明書が横行していたのだとか。小池氏のアラブ語のレベルはかなり低いようなので、誰かペラペラの記者がアラブ語で質問すればおもしろい事態になるのでは」(都政担当記者)

 任期満了に伴う7月5日投開票の都知事選はこのまま行けば小池知事が再選を果たす可能性が高そうだ、再選後、ひと波乱あるかもしれないというのだ。

「『女帝 小池百合子』が売れているため、これまで小池氏の学歴詐称疑惑を知らない人にも伝わってしまった。そのため、都民が怒ってリコール運動を展開してそれが拡大すれば、都知事のイスから引きずりおろされるかもしれない」(全国紙社会部記者)

 小池氏の前任者2人はいずれも自らの不祥事によって辞任しているが、またまたそうなる可能性もあるようだ。

関連記事(外部サイト)