都知事選候補者に格好の“攻撃材料”を与えたNHK

都知事選候補者に格好の“攻撃材料”を与えたNHK

(提供:週刊実話)

女子高生の裸の写真を撮影し体を触ったとして、警視庁高島平署が18日までに、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)と東京都青少年健全育成条例違反の疑いで、NHKエデュケーショナルの部長プロデューサー・菊池真哉容疑者(59)を逮捕したことを、各メディアが報じた。

 逮捕容疑は18年7月の2日間に渡り、東京都墨田区のレンタルハウスで女子高生(当時17)の裸の写真を撮影したうえ、体を触った疑い。菊池容疑者は容疑を一部否認しているが、「縛った女性の写真を撮ることに興味があった」と供述しているという。

 2人はツイッターを通じて知り合い、菊池容疑者が撮影代として1万円を払っていたという。菊池容疑者の自宅のパソコンからは、女性の裸などを撮影した写真が1000枚以上見つかっており、同署余罪をが詳しく調べているといのだ。

「菊池容疑者は2014年にNHKから出向。昨年6月以降、英会話のラジオ番組を担当していた。同社はNHKの子会社で、子供向けの人気番組『おかあさんといっしょ』などを制作しているだけに、今回の罪状での社員の逮捕のショックは絶大」(放送担当記者)

 そして、この事件は都知事選のあの候補者に格好の“攻撃材料”を与えてしまったようだ。

「元参院議員でNHKから国民を守る党党首の立花孝志氏です。都知事の政見放送がNHKで行われますが、おおらく、立花氏はこの事件について大々的に視聴者にアピールすることになるでしょう」(週刊誌記者)

 都知事選をぶっ壊〜す!

関連記事(外部サイト)