大阪で“無修正DVD”店頭販売復活! 実際に現地へ行ってみた

大阪・日本橋で裏DVDの店頭販売がまたもや復活 ネットが使えない中高年に需要か

記事まとめ

  • 浄化作戦で消えたと思われた大阪・日本橋で裏DVDの店頭販売が復活しているという
  • 以前はパッケージ展示だったが現在はカタログで、摘発を意識しての対策と見られる
  • 裏モノはネットで普及しているが、ネットの使い方が分からない中高年に需要がある模様

大阪で“無修正DVD”店頭販売復活! 実際に現地へ行ってみた

大阪で“無修正DVD”店頭販売復活! 実際に現地へ行ってみた

(提供:週刊実話)

大阪・日本橋で裏DVDの店頭販売がまたもや復活している。裏DVDといえばメイド喫茶と並ぶ日本橋の隠れ名物。かつて地下鉄の恵美須町駅周辺の雑居ビルでは、無修正のDVDが堂々と売られていた。

 機材と元ネタさえあれば、そして摘発覚悟の上ならば、誰でも簡単に商売できるという手軽さ。そして「暴力団とつながっていなければ、薬物と違って警察も見て見ぬふり」という誤った情報のせいもあり、一時は周辺で十数店が営業するという盛況ぶりだった。

 しかし、昨年の秋ごろから外国人観光客への影響や大阪万博、IR誘致をニラんだ大浄化作戦が発動され、店は根絶やし。今度こそ息の根を止められたとみられていたが、わずか3カ月の空白を経て、またもや復活しているという。

 そこで事実を確かめるべく、現地へ行ってみた。

 すると、ある雑居ビルの入り口奥に「DVD」の看板を発見。やはり復活していたのだ。店内に入ると、男性ばかり十数人が、熱いまなざしで商品カタログに見入っている。以前はパッケージ展示だったが、現在はカタログ。どうやら摘発を意識しての対策らしい。

 価格は10枚3000円からと以前と変わらない。営業時間は土日の夜間限定。これで1日数十万の売り上げとみられている。店の関係者によれば「摘発は覚悟の上」「新作は少ない」というから、コロナ騒動の隙間を狙った、在庫一掃の確信犯のようだ。

 それにしても、裏モノがネットにあふれているこの時代に、なぜDVDなのか?

「世間にはネットの使い方が分からない中高年が、まだたくさんいます。そんな人にはやはり、ネットよりDVDなんですよ」(同・関係者)

 愛好家には朗報だが、気になるのは警察。業者とのイタチごっこはまだまだ続きそうだ。

関連記事(外部サイト)