今後は続々と“パパ活市場”に参入しそうな食えないアイドル・グラドルたち

アイドルグループ「AKB48」の田北香世子(23)が新型コロナウイルスに感染したことが19日、同グループの公式サイトで発表された。

 同サイトによると、田北は今月9日に37.2度の発熱があり、翌10日には平熱に戻ったが、自主的に外出を自粛。11日から味覚と嗅覚に違和感があり、18日にPCR検査を受けたところ、19日に陽性が判明。保健所の指導に従い、きょう20日に入院して治療を受けるという。

「AKBといえば、運営組織がしっかりしているので、メンバーのこういう事態にも対処できる。それでいて、劇場では無観客公演を継続。そうすることでメンバーたちが食いっぱぐれないような体制が確立している」(音楽業界関係者)

 ほかのアイドルグループも無観客・オンラインでのイベントを開催。また、グラドルたちも、感染予防対策を徹底したうえで都内の書店でのイベントを再開したが、そうしているのはごくひと握りのようだ。

「新型コロナの影響で無収入になった地下アイドルも含めて、グループに所属していても食えないアイドル・グラドルは今から就職やアルバイトといってもそう簡単に転身はできない。となると、“パパ活”をしてしのぐのが手っ取り早く、今後、その市場に参入するだろう。となると、かなり値段が高騰し、一般の女性たちがいいパパを見つけるのが厳しくなりそう」(パパ活に詳しいジャーナリスト)

 ハイスペックなパパをめぐる争奪戦がし烈になりそうだ。

関連記事(外部サイト)