吉村知事の“うがい薬会見”にキンタロー。怒り!「少しイライラしました」

吉村知事の“うがい薬会見”にキンタロー。怒り!「少しイライラしました」

(提供:週刊実話)

お笑い芸人のキンタロー。が、8月5日に更新したブログで怒りをあらわに。その理由は、吉村洋文大阪府知事が、新型コロナウイルスの感染拡大防止にうがい薬が有効と明かしたためだったようだ。

 吉村知事は4日に記者会見で「ウソみたいな真面目の話」と前置きし、うがい薬でうがいをするとコロナの陽性者が減っていくという研究結果が出たと発表した。これは大阪府・大阪市・羽曳野医療センターで軽症患者41人に対し、1日4回“ポビドンヨード”を含んだうがい薬でうがいを実施したところ、唾液中のウイルスの陽性頻度が低下したというものだ。

 会見後、吉村知事は自身のツイッターに、その結果を掲載した大阪府のホームページを紹介。この会見や報道を見た多くの人がドラッグストアや薬局へうがい薬を買い求め、売り切れが続出する事態に発展した。

 その買い占めの被害に遭ったのがキンタロー。だ。彼女は喉を大切にしないといけない職業柄、普段からうがい薬を購入していたそう。しかし買い占めに遭遇したため、《なくなったら購入のサイクルが崩れちゃった…冬に向けて心配》と不安を吐露。続けて《何でテレビであんなこと言っちゃうかなー みんな混乱してる最中こうなるって分からなかったのかなって少しイライラしてしまいました》と吉村知事へ怒りをぶつけた。

 この投稿のコメント欄には、
《うがい薬… 私もそう思います ちょっと吉村知事も、テレビであんなことを言って、早とちりし過ぎたんちゃうかなぁって…》
《影響力のある人が言うとスゴいですよね! 薬局は品切れ! いつ入るか分からない! 困りますね》
《昨日、うがい薬ニュースやってたから、また店すごいんだろうなって思ったら、やはり完売のニュース! もうやめてほしいですよね〜 品切れストレスですよね!》
 など、励ましの声が送られた。

 うがい薬でコロナが減少するというのは、専門家からは科学的な根拠が不十分だと疑問の声が上がっており、薬剤師からは「PCR陽性率が低下するのは当たり前の理屈。血培やる前に抗菌薬投与して、無菌でしたと同じ」と説明した上、「PCR検査で偽陰性を量産しかねない、という話にもつながる重大な問題」と指摘している。

 吉村知事は発信した翌日から火消しに追われ、自身のツイッターで、
《誤解なきよう申し上げると、うがい薬でコロナ予防効果が認められるものではありません。重症化を防ぐ効果の検証はこれからです。判明したのは、唾液中のコロナウイルスを減少させ、唾液PCRの陰性化を加速させること。唾液PCR検査は毎朝うがい前。感染拡大防止への挑戦》

 と、釈明するほど追い込まれている。もちろん会見のときに「買い占めはしないで」と呼び掛けていたが、効果はなかったのでこの対応は当然と言える。

 首長として、発言には十分に気を付けてほしいものだ。

関連記事(外部サイト)