グラドルやモデルも餌食!? 謎の中国人美女が操る国際売春シンジケートの実態(1)

グラドルやモデルも餌食!? 謎の中国人美女が操る国際売春シンジケートの実態(1)

(提供:週刊実話)

俳優・三浦春馬さんの自殺の衝撃が、いまだに収まらない。 「あまりに突然の自殺だったため、報道も過熱。母親の過去を暴き、親族との確執が自殺の原因ではないかとする説や、かつて浮き名を流した恋人たちとの関係性に原因があるかのような説などが飛び交いました」(スポーツ紙記者)

 中でも注目されたのが、三浦さんと同じ事務所に所属するモデルで女優の三吉彩花だ。2人は2018年に熱愛が報じられていた。 「7月18日の三浦さんの自殺後、なぜか三吉のSNSに《おまえのせいだ》とか《春馬君の死に責任を感じないのか》などといった誹謗中傷が殺到。三吉はしばらく沈黙していましたが、7月23日、真っ黒に塗りつぶされた画像の上に《毎日しっかりと過ごしています。ただ、もう少し時間をください。何も整理できていなくて。ごめんなさい》の文字だけを投稿しました。すると一転、三吉の精神的ダメージを心配する書き込みがネットにあふれたのです」(同・記者)

 ネットの誹謗中傷が原因で自殺した女子プロレスラーの木村花さん(享年22)の二の舞いになりかねないと、三吉を擁護する声が高まる中、別のことを危惧する芸能プロダクションの幹部もいる。 「三吉がプライベートで付き合っている“人脈”が問題視されているのです。三吉は、日本在住の中国人美女インフルエンサー(SNSなどで影響力を持つ人物)“X”と親しく、彼女のインスタグラムなどに頻繁に登場しているのですが、この女性、芸能関係者の間では要注意人物としてマークされているんですよ」

 現在30代のXは、日本の名門私立大学を卒業後、インフルエンサーとして注目され、都内でアパレルショップを経営。芸能界とのパイプも太く、三吉以外にも、夫・渡部建の不倫で世間を騒がせた佐々木希、グラドルの森下悠里やお天気お姉さんの大石絵理など、多くの女性芸能人がXのSNSに登場している。 「実はこのX、売れないタレントの卵などに言葉巧みに近づき、中国やヨーロッパの大富豪などを紹介。夜の接待をさせる国際売春シンジケートの元締めだと目されているのです。実際、レイプの被害に遭ったタレントもいます」(同・幹部) 別の芸能プロの関係者が声をひそめる。 「大手企業のCMにも起用されているA子は、X主催のパーティーなどに招待されるうち、『中国人セレブの日本の秘書にならないか?』と持ち掛けられたそうです。A子が『中国語が話せないから無理ですよ』と断ったところ、Xは『彼は英語も堪能だから、英語の家庭教師をつけてあげる』と提案。向上心が強いA子をまんまと丸め込み、中国人セレブに“献上”。無理やり乱暴されたA子は、周囲に泣いて相談したそうです」
 ――(2)に続く

関連記事(外部サイト)