覚せい剤取締法違反で有罪の葉山町議が復職 進退の判断タイミングは明言避ける

記事まとめ

  • 覚せい剤取締法違反で有罪の葉山町議が復職し、逮捕後で初めて議会で釈明した
  • 冒頭に謝罪し「意見を聞いて進退を判断したい」と述べ、判断タイミングは明言を避けた
  • 同町議は今後の議員活動への意欲も示したが、ほかの町議からは厳しい追及が相次いだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております