川崎市が誤ったテロップを付けた動画を流していたとして、公害被害者団体が抗議

記事まとめ

  • 川崎市が公害の歴史的経緯を踏まえない誤ったテロップを付けた動画を流していた
  • 動画は大学院生が制作した工場夜景のPR映像に、市の広報部門がテロップをつけていた
  • これに公害被害者団体が抗議し、市側は誤りを認め、先月中旬に放映は中止された

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております