脳動脈瘤の手術中に執刀医が動脈を損傷させる 調査委は医師の「単純なミス」と説明

記事まとめ

  • 横浜市立市民病院で脳動脈瘤の手術中に執刀医が動脈を損傷させる事故があったと発表
  • 市内在住の50代女性患者は、その後くも膜下出血を発症し、脳に障害が残った
  • 執刀医は脳神経外科長で、調査委員会は医師の「単純なミス」と説明している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております