沢で滑落か、男性が死亡 山北町

 14日午前11時50分ごろ、山北町玄倉の沢で、東京都多摩市の会社員の男性(44)が死亡しているのを、捜索していた小田原市消防本部足柄消防署松田分署の特別救助隊が発見した。

 松田署によると、現場は玄倉川の支流にあたる「ヌケ沢」付近。男性は11日午前7〜8時ごろ1人で山に入ったとみられ、登山道から約300メートル離れた場所で倒れていた。同署は滑落した可能性があるとみて、調べている。同日中に帰宅しなかったため、妻(36)が12日午前6時半ごろ、同署に通報した。