清交会結成55周年で展覧会 横浜市立中学校退職校長会

清交会結成55周年で展覧会 横浜市立中学校退職校長会

多彩な作品が並ぶ清交会の展覧会=市民ギャラリー

 横浜市立中学校退職校長会(清交会)の結成55周年の展覧会が、同市西区の市民ギャラリーで開かれている。18日まで。入場無料。

 清交会は、退職した校長有志が教育現場で培った知識を生かし社会に貢献しようと1961年に発足。会員数は595人で、学校や地域と連携した子育て支援活動などに取り組む。

 展覧会は、日ごろから芸術に親しんでいる会員らが参加して5年ごとに開催。今回出品したのは33人で、三渓園のハス池など横浜の風景を繊細なタッチで描いた絵画をはじめ、ガラス工芸や染色、工芸など約100点が並ぶ。

 午前10時〜午後6時(最終日は同4時)。問い合わせは、同ギャラリー電話045(315)2828。