鬼軍曹が熱く説教 ポケGO、プレーの心得動画

鬼軍曹が熱く説教 ポケGO、プレーの心得動画

「鬼軍曹」にふんしてポケモンGOのプレーの心得を説くロビンソン軍曹(「YouTube」から)

 在日米陸軍キャンプ座間(座間、相模原市)の基地管理本部は、スマートフォン用ゲーム「ポケモンGO」のプレーの心得を「鬼軍曹」が紹介する内部向けの動画を作った。操作中の不注意がもたらすトラブルを警戒し、「バカなまねはするな!」と新兵を叱り飛ばすような演出が評判だ。

■過剰な演出 評判に
 「この方から、大切なメッセージがあります」。基地ケーブルテレビ(CATV)のリポーターに紹介されると、迷彩服姿の女性はすかさず怒鳴り声を張り上げた。「男性は女子トイレに入るべからず!」

 泣く子も黙る「鬼軍曹」はドーン・ロビンソン1等軍曹(39)。説教は次第に熱を帯び、「会議室をこっそり探し回るな」「軍事裁判でポケモン探しは正当な理由になり得ない」と畳みかけた。

■キャンプ座間内部向け作成
 ポケモンGOが7月に欧米で先行配信されると、ポケモン探しに熱中したプレーヤーの不法侵入や交通事故が相次いだ。基地管理本部広報室は日本上陸に備え、こうした騒動を事前に戒めるため、新兵の訓練教官だったロビンソン軍曹に白羽の矢を立てた。

 基地内の司令部庁舎やノルマンディー上陸作戦の記念碑は、ポケモン同士が対戦できる「ジム」に設定されている。アイテムを入手できる「ポケストップ」も所々に点在。基地関係者でチームが組まれるほど、ポケモンはなおも根強い人気を誇る。

 CATVで毎週火曜に放送されている番組「ZAMA PULSE」で動画が配信されると、過剰な演出が笑いを誘った。エリック・ファニング米陸軍長官からも反響があったという。何より評判だったのは、ロビンソン軍曹のギャップ。撮影した広報室のチャーリー・メイブさんは「軍曹は普段、とても温厚なんです」。

 動画は2分30秒。動画投稿サイト「YouTube(ユーチューブ)」(http://www.youtube.com/watch?v=w-rnBMxI1xs)で視聴できる。

 基地管理本部によると、いまのところ「鬼軍曹の戒めに逆らう愚か者はいない」という。