横浜市が12区に避難準備情報

 台風16号の接近に伴い、土砂災害が起きる恐れがあるとして、横浜市は20日午後5時、神奈川、西、中、南、港南、保土ケ谷、磯子、金沢、緑、キ筑、戸塚、栄の市内12区の一部地域に避難準備情報を発表した。小中学校や地域ケアプラザなどに避難所を開設し、早めの避難を呼び掛けている。