チンパンジー赤ちゃん誕生 野毛山動物園

チンパンジー赤ちゃん誕生 野毛山動物園

4日に生まれたチンパンジーの赤ちゃんと母親のミラクル(野毛山動物園提供)

 横浜市立野毛山動物園(同市西区老松町)でチンパンジーの赤ちゃん(雄)が生まれ、すくすくと成長している。すでに親子で一般公開されており、担当者は「かわいらしい赤ちゃんを見に来て」と来園を呼び掛けている。

 同園によると、赤ちゃんは4日に体重1430グラムで生まれた。予定日よりも1カ月以上早かったためやや未熟な状態だったが、母親のミラクル(15歳)はすぐに赤ちゃんを抱いて授乳を始めた。

 母子が生活する獣舎には担当飼育員しか近づけないため、他の職員らは出産に備えて設置したカメラの映像を通して子育てを見守っている。15日からは獣舎と展示場の間を行き来できるようにしているという。

 開園時間は午前9時半から午後4時半まで(入園は同4時まで)で入園無料。月曜日休園(祝日の場合は翌日、10月は無休)。桜木町駅下車徒歩約15分。問い合わせは、同園電話045(231)1307。