点滴に異物、患者中毒死 同階で男女3人死亡

点滴で中毒死 同階で3人死亡

点滴に異物、患者中毒死 同階で男女3人死亡

点滴に異物、患者中毒死 同階で男女3人死亡

入院患者が中毒死した病院=横浜市神奈川区

 横浜市神奈川区大口通の「大口病院」で入院患者の男性(88)が死亡し、司法解剖の結果、死因は中毒死だったことが23日、分かった。県警は点滴への異物混入による殺人事件と断定、神奈川署に特別捜査本部を設置した。同病院では18日以降、他に80〜90代の男女3人が死亡しており、県警は死因に不審な点がないか調べている。

 特捜本部によると、中毒死したのは同市港北区新吉田東3丁目、無職男性で、20日午前4時55分に死亡が確認された。同日午前4時ごろ、心拍数の急激な低下を告げるアラームに30代の女性看護師が気付き、駆け付けた医師が救命措置を行ったが死亡した。

 点滴は19日午後10時に同看護師が交換。容態急変後、袋に異常が見つかった。20日午前10時45分ごろ、男性事務員が「亡くなった人の点滴に異物が混入された疑いがある」と同署に通報した。

 男性は14日から入院しており、寝たきり状態だった。病室は4階の8人部屋で、当時男性を含む6人が入院していた。他に死亡した男女3人も同じフロアの入院患者で、いずれも病死と診断されていた。

 同病院の当直体制は4階に看護師2人が配置されているほか、2、3階にそれぞれ1人の看護師、ヘルパーと警備員各1人の計6人が勤務。防犯カメラは設置されていないという。

 同病院はJR横浜線大口駅の近く。ウェブサイトによると、1954年10月に開設され、特定医療法人財団「慈啓会」が運営。診療科は内科、整形外科、小児科、リハビリテーション科で、病床数は一般42、療養43の計85床。