土砂崩れがまた発生、ヨットハウス全壊 逗子

逗子また土砂崩れ 建物全壊

土砂崩れがまた発生、ヨットハウス全壊 逗子

土砂崩れがまた発生、ヨットハウス全壊 逗子

電信柱や建物が傾いた土砂の崩落現場=24日午前10時ごろ、逗子市小坪

 23日午後11時45分ごろ、逗子市小坪5丁目の小坪海岸トンネル近くの斜面で土砂崩れが発生、斜面下のヨットハウス(2階建て)が全壊し、近くの電信柱も傾いた。約6時間前に続く2度目の崩落で、市都市整備課などが原因を調べている。けが人はなかった。

 同課によると、2度目の崩落規模は高さ約30メートル、幅約10メートル。1度目と同じ斜面から崩れた。同トンネルは通行止めが続き、近くを走る国道134号も一時通行止めになった。逗子市内は20日から大雨警報が断続的に発令されていた。