「番長」三浦投手の活躍振り返る 横浜で写真展

「番長」三浦投手の活躍振り返る 横浜で写真展

今季限りで現役を引退する三浦大輔投手のさまざまな表情が見られる写真展=みなとみらい駅の地下3階改札外特設会場(みらいチューブ)

 今季限りで25年間の現役生活を終える横浜DeNAベイスターズの三浦大輔投手(42)の球道を振り返る写真展が27日から、横浜市西区のみなとみらい駅地下3階改札外特設会場(みらいチューブ)で始まった。10月3日まで、入場無料。

 「永遠番長〜三浦大輔写真展〜」と題し、球団のオフィシャルカメラマンが撮影した試合中の勇姿のほか、春季キャンプや本拠地横浜スタジアムでの練習風景、さらに20日の引退会見の様子など約60点を展示。会場では特別映像が流されているほか、記念グッズも販売されている。

 横浜市緑区から訪れた男性会社員(45)は「ずっと横浜に残ってくれてありがとう、お疲れさまでしたと言いたい」と感慨深げだった。

 午前10時〜午後8時。現役最終登板となる29日のヤクルト戦(横浜)後に新たな写真も展示される予定。