ベテラン刑事の功績たたえ 県警で交付式と退職式

ベテラン刑事の功績たたえ 県警で交付式と退職式

9人が受賞した「刑事の足跡」の交付式=県警本部

 この秋勇退の県警職員のうち、刑事部門に長く在籍し事件解決に尽力したベテラン捜査員の功績をたたえる「刑事の足跡」の交付式が29日、県警本部で行われ、9人が受賞した。

 早川智之刑事部長が、それぞれが手掛けた事件名を列挙した記録を手渡し、「凶悪事件はもとより、特殊詐欺や暴力団の対立抗争などさまざまな事案が発生している。退職後もご指導やアドバイスを頂ければ」とあいさつ。受賞者を代表し、常盤一夫前総務部長が「刑事の仕事は家族の理解と協力がなければできなかった」と振り返った。

 また9人を含む全12人の退職式も開かれ、同僚や後輩の拍手に見送られて長年の警察人生に別れを告げた。