横浜29大学一堂に みなとみらいで学校紹介イベント

横浜29大学一堂に みなとみらいで学校紹介イベント

横浜創英大看護学部の学生から聴診器を使った血圧測定を学ぶ中学生たち=KUポートスクエア

 神奈川県横浜市内の29大学が自校の特徴を紹介する「ヨコハマ大学まつり2016」(実行委員会主催)が1日、横浜・みなとみらい21(MM21)地区のクイーンズスクエア横浜周辺で開幕した。キャリア教育講座やサークルのパフォーマンスなどを開催。多くの中高生や保護者らが訪れ、志望校の魅力を探っていた。2日まで。

 横浜市の「大学・都市パートナーシップ協議会」参加大学が一堂に会する一大イベントで、今年で5回目。初日は14の教室・講座が用意された。

 横浜創英大学の講座「看護学生ってどんなことを学んでいるの?」には中高生ら約30人が参加。学生による授業紹介を聞いた後、血圧測定や高齢者体験などに挑戦した。市立十日市場中2年の生徒(13)は「看護師志望なので友だち2人を誘って来た」。友人たちも「聴診器でドクンドクンという音の聞こえ始めと終わりが分かった」と目を輝かせた。

 ステージでは、各大学のサークルが、フラメンコ、チアリーディング、ジャズのビッグバンド演奏などを披露し喝采を浴びていた。

 2日も展示やステージのほか、こども体験教室「『光』を測ってみよう!」(関東学院大)など15教室・講座を行う。