秋の桜、相模原で見ごろ ジュウガツザクラ

秋の桜、相模原で見ごろ ジュウガツザクラ

咲き始めたジュウガツザクラ=県立相模原公園

 秋にも咲くサクラとして知られるジュウガツザクラ(十月桜)が相模原市南区下溝の県立相模原公園で淡いピンク色の花を開かせ、翌春のソメイヨシノまで途切れなく楽しめる“桜のシーズン”が到来した。

 公園内ではフユザクラも咲き始め、年明けの2月ごろからはカワヅザクラやオカメザクラが咲くという。

 ジュウガツザクラとフユザクラは同公園の芝生広場に数本植えられ、12月ごろまで咲くことから、秋の紅葉と一緒に楽しめるという。同公園は「本数は少なく目立たないが、ひっそり咲くサクラも楽しんでほしい」と話している。

 問い合わせは、同公園管理事務所電話042(778)1653。