100年先見据えて改修 ホテルニューグランド新装オープン

100年先見据えて改修 ホテルニューグランド新装オープン

昭和初期の開業時の姿を残したまま耐震改修を完了したフェニックスルーム=ホテルニューグランド本館

 耐震性向上を主目的としたホテルニューグランド(神奈川県横浜市中区)の第2期分の改修工事が完了した。今年6月から約23億円を投じて、同ホテルの象徴である本館ロビーや宴会場などを耐震補強。開業した1927年当時の意匠や雰囲気はそのままに、「100年先を見据えた改修を無事終えることができた」(同ホテル)。4日にリニューアルオープンする。

 3日には報道関係者らへの内覧会が行われた。本館は横浜市認定歴史的建造物で、外観の変更なしに耐震性を高めることに知恵を絞った。特に宴会場のフェニックスルームやレインボーボールルームの天井部は、既存のレリーフや鏡板などを外した後、ボルトの挿入や補強材の取り付けなどで強化。その後、レリーフや鏡板を元通りに戻し、改修前と変わらぬ姿に復元した。施工者によると、震度7相当の揺れでも安全という。

 また、リニューアルを機に本館1階に「SOGOショップ」がオープン。同ホテルのシンボルをあしらったフェニックスシリーズをはじめ、約2千の商品をそろえる。同階のイタリアンレストランやコーヒーハウスもリニューアルした。

 同ホテルの濱田賢治社長は「横浜のクラシックホテルのたたずまいを残したまま、改修が完了してほっとしている。同時に細部にこだわりリニューアルした面もあるので、お客さまに新たな魅力を発見してもらいたい」と話した。同ホテルは2020年の東京五輪を見据え、14年から段階的に本館の改修を進めていた。