嵐の前、秋の真夏日

嵐の前、秋の真夏日

10月としては記録的な暑さで、半ズボン姿や日傘を差す人も目立った=4日午後0時35分ごろ、戸塚駅西口

 台風の影響で暖かな南寄りの風が吹き込んだ4日、県内各地で気温が上がった。横浜では37年ぶりに10月の最高記録を更新、海老名でも真夏日(31・5度)になった。

 横浜地方気象台によると、横浜は午前11時45分、31・1度を記録。1979年10月1日の30・9度を超えた。平年の最高気温を7・9度上回って真夏に逆戻りした暑さに、タオルで汗を拭う人や日傘を差す人も多かった。

 同気象台によると、5日は台風が近づき、県内の早い場所では昼すぎから雨が降り始めるという。風も夜遅くから次第に強くなり、「今後の台風の動きに注意が必要」と話していた。