横浜港で有毒ゴケグモを発見

横浜港で有毒のゴケグモ4匹発見 卵のうも

 神奈川県横浜市は6日、特定外来生物に指定されている有毒のセアカゴケグモ、ハイイロゴケグモ各2匹の計4匹が同市中区の横浜港シンボルタワー敷地内で見つかった、と発表した。

 市健康福祉局によると、同日午後3時半ごろ、県ペストコントロール協会が見つけて市に連絡した。クモは排水溝のふたの裏などに隠れていた。ハイイロゴケグモの卵のう6個も見つかった。

 かまれると患部がはれるなどの症状が出るといい、市は「もし見つけても素手で触らないで」と注意を呼び掛けている。