ラグビーW杯などの成功に向け 神奈川推進会議の設立総会

ラグビーW杯などの成功に向け 神奈川推進会議の設立総会

設立総会後の祝賀会であいさつする黒岩知事(左端)=横浜市内のホテル

 2019年ラグビーワールドカップ(W杯)と20年東京五輪・パラリンピックの成功に向け、県内の自治体、関係機関の結束を図ろうと横浜市内のホテルで8日、神奈川推進会議の設立総会が行われた。リオデジャネイロ五輪・パラリンピックのメダリストも登場し、華やかなムードに包まれた。

 会議の正式名称は「ラグビーワールドカップ2019及び東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会神奈川推進会議」、愛称は「ラグビー・オリパラ神奈川応援団」。

 設立総会には関係機関から120人以上が出席。会長の黒岩祐治知事は「しっかり準備し、神奈川が一丸となって盛り上げていきたい。この機会にさまざまな文化も世界に発信していきたい」と意気込んだ。

 設立総会後にはリオ五輪・パラリンピックの祝賀会が開かれた。金メダリストを獲得した体操の白井健三選手や柔道のベイカー茉秋選手ら県ゆかりのメダリストと入賞者約20人が一堂に会し、会場を沸かせた。