「ヤットサー」420人が披露 かわさき阿波おどり

 川崎の秋の風物詩「かわさき阿波おどり」(同実行委員会主催)が8日夜、川崎駅東口一帯で開かれ、市内外の8連約420人が「ヤットサー」の掛け声とともに粋な踊りを披露し、練り歩いた。

 地元区役所や商店街、小学校、幼稚園の連などが参加。銀柳街や銀座街で威勢のいい踊りを披露した。多くの買い物客らが見守る中、笛やかねの軽快なリズムに合わせた踊りで繁華街が熱気に満ちていた。1986年に始まった同イベントは今回で31回。