臨海部で清掃 400人が汗流す ビーチバレー選手も

臨海部で清掃 400人が汗流す ビーチバレー選手も

坂口選手(右)や鈴木選手らビーチバレーボール選手も参加した「東扇島クリーン作戦」

 川崎市臨海部の東扇島(同市川崎区)でこのほど、「東扇島クリーン大作戦」が行われ、島内の企業関係者ら約400人がペットボトルや空き缶などを拾い集めた。市と国土交通省関東地方整備局の主催で6回目。

 「かわさき産業親善大使」を務める川崎ビーチスポーツクラブの坂口佳穗選手(20)と鈴木悠佳子選手(28)も参加。軍手をはめ、国道357号の植え込みなどで丹念にごみを拾っていた。鈴木選手らは「東扇島にはコートがありお世話になっているので毎年参加している。市長杯の大会や川崎みなと祭りが週末に開かれるので、少しでも気持ちいい環境になれば」と話していた。