22チームが消火技術披露 厚木で競技会

22チームが消火技術披露 厚木で競技会

市内企業の自衛消防隊が参加した競技会(厚木市提供)

 神奈川県厚木市内にある事業所の従業員らで組織する自衛消防隊の消火競技会が7日、同市三田の消防訓練場で開かれた。22チーム60人が出場して日ごろの練習の成果を披露した。

 同競技会は、消火器や屋内消火栓設備の操作技術の向上を目指して市が主催。市防火安全協会の協力により毎年開催されている。各チームが号令を発し、標的に向けて機敏な動作による所要時間や正確な放水操法などを競った。

 競技の結果、消火器操法の部では厚木瓦斯が3年連続の最優秀賞に輝いた。屋内消火栓操法・男子の部はソニー厚木テクノロジーセンター、同じく女子の部は市農業協同組合のチームがそれぞれ選ばれた。